ログハウスの情報はこのサイトをチェック

こちらのサイトは、注文住宅の中でも普通の家ではなく丸太小屋ともいえる山小屋風の家を作りたい、このようなことを考えている人におすすめのコンテンツをご用意しました。
これはログハウスと呼ぶ住宅で、天然木材の温もりを感じさせてくれる、夏場は涼しくて冬場は暖かいなど木がもたらせてくれる魅力を日々感じることができます。
また、こちらでは施工会社に依頼するのではなく、自作ができる方法にも触れているので興味がある人など必見です。

ログハウスを自作しよう!夢あふれる理想のお家づくり

ログハウスを自作しよう!夢あふれる理想のお家づくり ログハウスは、施工会社に依頼すれば希望の大きさ・デザイン・設備を整えた住宅を作って貰うことができます。
しかし、施工会社に依頼するとなると予算があまりない、空いている時間を利用して少しずつ作れば価格も安く抑えられるなどからも自作はできないだろうか、このように考える人も多いのではないでしょうか。
実は、ログハウスはウッドデッキなどと同じようにDIYで作ることができるキットが用意されていて、これを使えば材料費などだけで念願のログハウスを作ることも可能です。
もちろん、ウッドデッキとは異なり規模そのものが大きい、スケールが大きな自作になりますが材料を集めながら作るとは異なり、必要なものが揃っているので自作したい人におすすめです。

ログハウスを自作するなら図面も出図されるキットがおすすめ

ログハウスを自作するなら図面も出図されるキットがおすすめ ログハウスを作るとき、オーダーメイドでできないだろうかなどと考える人は多いといえましょう。
このオーダーメイドには、施工会社に依頼して注文住宅の形で作る方法と完全な自作による施工の2種類があります。
前者は専門家でもあるプロに家を作って貰うわけですから材料費以外に施工費などが加算されることになる、予算を抑えたいときには少々不向きです。
一方、自作によるログハウスづくりは材料費だけで済むので、費用を大きく削減した形で丸太小屋を作れる魅力もあるわけです。
しかし、ここで問題になるのがログハウスに使う木材や接続金具、その他の設備などはどこからどのようにして仕入れれば良いのかわからない、高所作業になるときには足場はどのようにすべきかわからない人は多いといえましょう。
足場については、費用はかかりますが専門業者に依頼することで仮設足場の設置と解体のみ依頼することができます。
建材についてもログハウスのキットを使えば必要な部材がすべて揃っている、内装などでカスタマイズしたいときには別途調達は必要になりますが、基本的なものがすべて揃っていますし図面も添付されるため、図面を見ながら組み立てができるようになっているので便利です。

時代とともに多様化していくログハウスのスタイル

ログハウスというと丸太を組み合わた外観をイメージする人が多いでしょう。
たしかに昔からの主流ですが、それ以外にも多くのスタイルが存在します。
時代とともにトレンドは移り変わっており、それに応じて自由度が高まっていることも事実です。
したがって、自分がログハウスを建てるときや借りるときには、広い視野で好みに合致するものを選択する必要があります。
3階建てと2階建ては最も分かりやすい選択肢であり、その点は一般の住宅と変わりがありません。
工法に関しても多様化しており、目指すスタイルごとに採用されるものが異なります。
丈夫さを追求する人もいればコストダウンを重視する人もおり、価値観によって選択の結果は多岐にわたります。
たとえば、その両方を満たすものとして、ミニタイプのログハウスも人気を集めています。
ただし、業者によって扱っているタイプは異なるため、事前に情報を仕入れておくことが欠かせません。
すでに建っているログハウスがあるなら自分の目で確認したほうが良いでしょう。

ハンドカットログハウスは職人が手作業で加工した丸太を使用

ハンドカットタイプのログハウスは、家全体を柱ではなく丸太を積み上げて出来た壁で支える構造で、職人が機械や道具を使い手作業で加工した丸太を使ってます。
大体の人が思い浮かべるのはこちらの方が多いかもしれません。
このログハウスは製材してない丸太を積み上げた木本来の姿が見られるのが魅力で、木の性質を知り尽くした職人の技術が随所に見られます。
ログの魅力を十分に引き立てながら、自然も身近に感じられる住環境を作りだしてくれ、大体は海外のログサイトで加工されたものを輸入してから組み立てます。
工期は他のタイプと比べて少し長くなり、また、木材の乾燥で隙間が起きるセトリングは避けられません。
手作業で加工したものは手作りなので加工精度に多少難があって、メンテナンスもその分大変になります。
ただ、その苦労も含めてログハウスで生活するのが楽しみとも言えます。
また、大胆で丈夫でアーチ部分のディカールなどはカービングというチェーンソーアトが活かされてます。
耐久性・断熱性に優れていて30年以上のロングライフも実現可能です。

日々進化するマシンカットログハウスの技術

マシンカットは約50年前にフィンランドで生まれたもので、それまでのログハウスは全て手斧や道具を使って仕上げていました。
この技術が誕生してからは、ログハウス用の製材機が日々発達していき、更にコンピューターを組み込んだ、より精度の高いログ材が作られるようになりました。
丸太の上下に付ける実加工も複雑なものができるようになり、密閉性も増していき、手作りログハウスよりも技術力の均一化が計れます。
また、品質も安定しているうえに大量生産ができ、代替えが可能なことも利点となります。
手作りログハウスでは、下の丸太の上部のカーブに合わせて、上の丸太の下部をカットしますが、壁組の途中でログ材が1本足りないだけでも、組むことができなくなってしまいます。
しかし、マシンカットなら代替えが可能なので、問題なく作業を進めることができます。
森で伐採された木を、ピーリングして大きな乾燥機で乾燥し、同じ大きさ・形に製材加工されたログ材は、建築現場で組み立てやすいようにそれぞれ番号が振られます。
番号に合わせたログ材に合った加工、ノッチなどの高精度加工を経て、梱包されてから現場に出荷されていきます。

自然素材をふんだんに使ったログハウスの魅力

ログハウスは、ドラマの中や雑誌などで見てうらやましいと思っている人も多いのではないでしょうか。
実際、ログハウスは天然目を使って作られていて大自然を満喫できる住宅です。
専門メーカーに頼することで、理想の家を作ることができますので気になっている方は展示場を見に行ってみてはいかがでしょうか。
自然素材ならではの、ナチュラルさが特徴で自然に包まれて暮らしたいと考えている方に最適です。
天然木を使って作られているので、一般的な住宅とは見た目も異なりますし手入れなどの方法も異なってきますので建てる前には情報収集が必要です。
ログハウスは、見た目だけでなくて住んでみると木のぬくもりに包まれてナチュラルな生活をしたいという方に人気があります。
上手に手入れをすると、長持ちさせることができますので興味がある方は実際に住んでいる人の物件を見せてもらうのもお勧めです。
建ててから年数がたっているものを見ることで、より安心して建てることができます。

ログハウスの耐久性を高めるために木材を選ぶ

木材の温かみを感じられるログハウスを建築して、心が落ち着く暮らしを始めたいのなら耐久性を高めることを意識しながらデザインを決めてください。
建築時に使用する木材の種類にこだわることで、耐震性や耐火性で優れるログハウスを作れます。
日本は湿度の高い国なので湿気にも強い木材を選ぶ必要があり、ウェスタンレッドシーダ―などの雨にも強い木材は理想的です。
ウェスタンレッドシーダーは軽量で柔らかくて、加工もしやすいためにログハウスの建築資材として最適だと言われています。
断熱性と強度の高さで評価される杉も建築資材としておすすめで、収縮によるサイズの変化を防ぎやすいのも特徴です。
杉は日本国内でも手に入る木材なので価格も安く、加工するのが簡単な点でも人気があります。
ログハウスの耐久性を高めたいのなら、定期的にメンテナンスを行うことも重要です。
5年から10年を目安に再塗装を行うことで、木材の寿命を延ばすことも重要だと考えてください。

木でつくられたログハウスは断熱性が高い家なのか?

ログハウスの魅力は、木のぬくもりを感じながら生活できることです。太い梁や木目などを眺めながら暮らすことで、気持ちが癒されることでしょう。見た目がおしゃれなことも、ログハウスならではの魅力です。
ただ、長く生活する場合には断熱性が気になるところです。一般的な住宅では、外壁側にロックウールやグラスウールや石膏など様々な断熱材を使用して建築します。そのため気密性の高い住宅に仕上がるのです。
ログハウスではこれらの材料を使わないため、断熱性が劣るのではないかと誤解されることがよくあります。実は、ログハウスは気密性が非常に高いため、断熱効果も非常に優れている家なのです。
一般住宅と同じように、建築する際には屋根や壁面に断熱材を入れておきます。熱気や日差しを防ぐ効果が十分にあるのです。
また、木材は熱を奪いにくい性質があるため、寒い冬の時期でも快適に過ごすことができます。冬は暖かくて、夏は涼しい家となるのが魅力です。

ログハウスで得られるリラックス効果について

ログハウスは様々なメリットがありますが、その中でも注目されているのがリラックス効果です。ログハウスは木で作られた住宅ですので、フィトンチッド効果が期待できます。
フィトンチッド効果とは、樹木が発散するフィトンチッドという揮発性の物質が微生物の活動を抑制する作用があって、自律神経を安定させることでリラックス効果を生むのです。
ストレスを軽減させることもできると言われていて、健康にも良いとされています。
血圧が下がり脈拍も落ち着くという実験結果もあるあるため、ストレスの多い現代人には健康のためにも最適な空間づくりができる住宅とも言えます。
木の素材は視覚的にも優しいことから、室内で呼吸して壁を眺めているだけでも心身ともに癒されます。
ほかのも、フィトンチッドは消臭・抗菌・防虫の効果もあるというのも嬉しいポイントです。また、天然の調湿作用があることから室内環境も良く、睡眠の質も高められるなどのメリットも得られます。

憧れのログハウスを建てた後には欠かせないメンテナンス作業があります

念願のログハウスを建てた方は、木の温もりを感じられる温かな空間で生活を送ることができます。ログハウスは木材を多用している特徴があり、丸太を組み合わせながら建築するものですが、耐震性に優れているメリットや、丸太の太さによって断熱性を高められることもメリットです。
ところが建築後には小まめな点検作業を行うことは必須になり、メンテナンスを必要なタイミングで行わないと劣化が進んでしまうので注意が必要です。
まずは外装面では木材に黒ずみができてしまった場合は、早い段階で研磨作業を行い透明の塗装を施すことで長持ちさせることができます。
元々が耐腐食性に優れた木材のみを採用しているものなので、長持ちさせることはできますが、屋内側では壁や天井付近などを確認することも必要です。
シミのようなものが出ている箇所を探せたり、無垢材を使ったフローリングにしている場合、変色や歩行することで浮き沈みがあるような場合ではメンテナンスとして隙間を埋める作業の他、床下の点検口から浮き沈みの原因を見つけてリフォームをすると高耐久を実現できるのではないでしょうか。

ログハウスの耐震性はどれくらいあるのか?

ログハウスというと木材をふんだんに使用していることから、木が本来持っている様々な自然の恩恵を受けることが可能で、素材の特性上高い断熱性があり夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができる特徴を持っています。
ただ実際に住まいとして選ぶ上で非常に気になるのが耐震性がどれくらいあるのかという点ですが、ログハウスは昔から地震に強いことが有名です。
1993年の北海道南西沖地震や1995年に起こった阪神淡路大震災、2004年の新潟中越地震など過去の大震災にも、震源近くのあった近隣の住宅が倒壊し電柱が傾くような状態になっても、近くにあったログハウスはビクともしませんでした。
これは建物の構造上、丸い丸太をふんだんに使用しているためであり、通常の住宅の約3~5倍の材木を使用した場合重量があり、重心自体も低くなります。
また丸太を横積みにして1本1本をダボでしっかりとつなぎ合わせた一体型構造となっているので、地震に対してログがずれながら摩擦力を発揮し建物全体でしなやかに地震力を吸収するため、減震効果をもたらすことが可能です。

ログハウスの部屋をお洒落にするポイントとは

ログハウスは、木で作られた住宅です。木の温もりを感じながらも、素朴で味わい深いお洒落な雰囲気が楽しめるというのも特徴の一つと言えます。
建物自体が雰囲気のある住宅ですので、よりお洒落にするには部屋もこだわることが良いとされています。ポイントとしては、木の雰囲気を存分に生かせるようなインテリアにすることがおすすめです。
シンプルを心がけると素材感を活かすことができます。特に相性が良いのが北欧風のデザインで、シンプルにまとめつつもラグなどメインとなる部分だけ柄物を取り入れると空間が引き立ちます。
照明も重要な部分になります。ログハウスはオレンジ色の電球色がよく似合います。温かみのある空間を演出することができ、木の色合いを深みがあるように見せることができます。
実用性を考えるなら、薪ストーブを取り入れるのも向いています。雰囲気が出るだけではなく、遠赤外線の輻射熱で体の芯から温めてくる上、料理などをすることも可能です。

海外製のログハウスを購入するメリットについて

移住先や別荘や仕事場として活用されているログハウスですが、自然の中でのんびりと過ごせることから近年になって注目を集めています。
地震などの災害に強い利点もありますし、断熱材を使用しないので夏でも快適に過ごすことができます。
またログハウスは住みながら自分好みに手を加えていくことができるので、オリジナルの家を作れるのも大きな魅力です。
もしこれからログハウスの購入を検討しているのであれば、日本製だけでなく海外製も候補として考えてみるのもいいでしょう。
海外施工だとヨーロッパ製や東南アジア製など、日本製にはない独特なログハウスに住むことができます。
国内にいながら海外に住んでいるような気分を味わえるので、それだけでも海外製を購入するメリットは大きいです。
料金に関しても比較的リーズナブルな価格で手に入れることができるので、自分にぴったりの条件で買うことができるでしょう。
もちろん後から改装して手を加えてもいいですし、自然と共に最高の環境で暮らせます。

ログハウスを分譲売りで購入する注意点について

ログハウスと言うと、自分の好きな景色や環境の山や川や海沿いなどの土地を購入して、好きなロケーションに建てるイメージがありますが、自分で位置から土地探しをして建築まで行うと時間と手間とコストが掛かってしまいます。
そんな人におすすめで、購入者が増えているログハウスの分譲売りがあります。
だけどログハウスの分譲売りには、建てる手間や時間やコストが掛からないメリットがある代わりに、次のようなデメリットも存在します。
予め建築完了している物件が多いので、後々に拡張や建て増しや窓の位置変更ができない事がデメリットです。
自分が朝起きた時に見たい景色の方向に、窓が作れないなどの不満が後からどんどん湧き出して行く可能性があります。
建物の立地も、コストダウンのために道路に近い場所や、坂下の見晴らしの悪い所に建っている分譲も多いです。
見晴らしのいい高台に建てたいとか、道路から離れた広い土地の真ん中に建てたいという要望がある場合は物件が見つけにくいのもデメリットとして考えられます。

ログハウスのプラモデルを作るメリットについて

ログハウスのプラモデルを最近ホビーショップなどで良く売られていて、目にする事が増えてます。
プラモデルでログハウスを作るメリットには、次のような事が考えられます。
実際の本物のログハウスを縮小して作られているので、組み立てる事でどのような構造で出来ている事を知る事が出来ます。
構造や組み立て方が解かれば、将来的にDIYで実物の材料を手配して建てる事の予行演習ができます。
沢山の模型を組み立てると、どういう地域にはどういう間取りが良いのかや、柱の建てる位置や材料の丸太の本数に至るまで組み立てながら学ぶ事が出来ます。
それ以外にも、通常の模型組立と同じで、週末の趣味として暇つぶしを出来る事もメリットです。
複雑な構造なので、組み立て作業の順番も考えなければならないので、組立では頭と指先を使うので高齢者が行えばボケ防止にもつながります。
また組み立てられたログハウスの完成模型は、リビングなどに飾って置けばインテリアとしての価値もあります。

ログハウスを建てようとしている方が気になる維持費の実例

ログハウスは多くの方が知っているように、丸太を組み合わせて建てた住宅になり、基本は無垢材というよりも本物の丸太を外壁にしているので興味を持ちながらも維持費用が高額になるのではと不安を感じる方も多いのではないでしょうか。
確かにログハウスは木材の部分が一般住宅よりも多いので、耐久面で心配になることはありますが、実際には専用の塗料を使っている場合、10年の耐久性があると言われており、一般住宅で言う外壁塗装で考えた場合、10年に1度で済ませることができます。
料金は坪数による違いはありますが50万円程度になることが多いので、決して高額な費用ではありません。
屋根は木材ではなく、スレート屋根や金属屋根などを採用することが多く、このタイプであれば塗り替えを行っても30万円から40万円程度で済ませられる範囲です。
内装面では建てるログハウスによって大きな違いがあり、ボードを貼ってクロスを貼る方もいれば、無垢材で内壁を作る方もいるので明確に判断することは難しいのですが、床材を含めて無垢材を多用している限りは老朽化を起こす度に研磨をして塗装する作業で問題ないので、この範囲であればDIYで安い維持費で済ませられるのではないでしょうか。

ログハウスの自分でできるメンテナンス方法

ログハウスを綺麗に維持するためには、メンテナンスは欠かせないものです。
そんなログハウスのメンテナンス方法は様々なものがありますが、自分でできるものもあります。
木材を使って作られた家ですので外壁塗装は欠かせないものです。
外壁・テラス・バルコニーなどは、撥水・防腐作用のある木材保護塗料を定期的に塗装することが求められます。
塗装の際には洗浄・乾燥・塗装の工程を行いますが、大きさによっては自分で行うことも可能です。
ヤニ取りも必要なメンテナンスです。
木材を使うことで、樹液が滲み出てきます。
気温が高くなると、固まっていたヤニが暖められて木の表面に出てくることはよくあります。
無害な成分ですが、ベトベトしてるため服についたり塗装の剥がれに繋がります。
このような状態を避けるためには、ヤニ取り剤などを使って拭き取る、冬の寒い時期に固まっている状態の時にヘラなどで剥し取るというメンテナンスを行うことができます。

ログハウスの魅力と実用性を高める耐久年数の秘訣

ログハウスと聞くと、自然に囲まれた温もりと落ち着きを感じさせる住居を思い浮かべる方も多いでしょう。
木のぬくもりと共に四季の変化を肌で感じられるログハウスは、都市生活とは一線を画した暮らしを提供してくれます。
しかし、ログハウスが持つ魅力はそれだけではありません。
耐久年数にも注目することで、その実用性がより際立つのです。
適切なメンテナンスを行えば、ログハウスは半世紀以上その価値を保つことができると言われています。
耐久性を高めるには、設計段階から丹念に材質選びをして、耐候性に優れた素材を使用しましょう。
また、定期的な保護塗装や虫害予防措置は欠かせません。
ログハウスの持つ天然の断熱効果は省エネにも繋がり、四季を通じて快適な室温を維持してくれます。
さらにログハウスは、その美しい外観が風景に溶け込むため、環境への配慮が求められる現代において、持続可能な住宅選びの一つとして注目されています。
ログハウスの耐久性を高め、長期にわたってその魅力を謳歌するために、適切な管理とケアを心がけることが、幸せなログ生活への第一歩です。

ログハウスで叶えるリラックスタイムの秘訣

毎日忙しく過ごす現代人にとって、自宅でのリラックスタイムは貴重な癒しの時間です。
そんなとき、ログハウスは独特の落ち着いた雰囲気と自然の温もりで心を解き放つ特別な空間を提供します。
ログハウスには自然素材が多く使われており、その風合いや香りがストレスを軽減する効果を持っていると言われています。
例えば、木のぬくもりを感じるログハウスでお茶を飲みながら読書をするだけでも、日常の疲れを忘れさせてくれるでしょう。
さらにログハウスの魅力は、見た目の美しさだけではありません。
ログハウス特有の構造は、冬は暖かく夏は涼しく過ごせるため、一年中快適な生活が可能です。
絶妙な温度調節により、リラックス効果も高まります。
もう一つの秘訣は、ログハウスでの時間を特別なものにするインテリア選びです。
自然素材の家具や柔らかい照明を取り入れることで、さらに心地よい雰囲気を作り出すことができます。
ログハウスでの過ごし方次第で、日々の生活がもっと豊かに、もっと充実したものに変わるでしょう。
この記事では、ログハウスを使ってリラックスタイムをより楽しく過ごすためのアイデアをご提案します。

夏は涼しく冬は暖かいログハウスは住みやすさ抜群

ログハウスとは、天然の木材を用いて造られる住居の一種です。
木のぬくもりあふれる内装や外観は多くの人々を魅了しており、自然と一体となれる生活空間として人気を集めています。
そんなログハウスの特徴ではありますが、その住みやすさについて詳しく見ていきましょう。
ログハウスは、夏の暑さや冬の寒さを自然の力で調節する優れた環境の中で、居心地の良い空間を提供します。
木材には断熱性が高いという特性があり、夏は室内を涼しく保ち、冬は暖かく保つことが可能です。
この結果、エネルギーコストの節約にもつながり、エコロジー的な生活を実現させることができます。
また、木材は湿度をコントロールする性質も持っています。
それによって湿度が高い場合には湿気を吸収し、乾燥している時には放出するため、年間を通して快適な室内環境を維持するのに一役買っています。
さらに、ログハウスの住みやすさはそれだけではありません。
自然素材を使用しているため、アレルギーの原因となる物質が少なく、健康にも良いことが知られています。
木の香りがストレスを軽減する効果もあり、心身ともにリラックスした生活を楽しむことが期待できます。
これらの理由から、ログハウスは、住みやすさに優れた住宅として、いつの時代も注目され続けています。
自然に囲まれた心地よい暮らしを求め、ログハウスの魅力に惹かれる人々はこれからも増え続けることでしょう。

ログハウスでの快適な暮らしを守る虫対策のお役立ち情報

ログハウスは、自然の温もりを感じられる素晴らしい住まいですが、その魅力的な環境は虫たちにとっても同様です。
ですからログハウスで快適に暮らすためには、効果的な虫対策が欠かせません。
虫の侵入を防ぐ最も基本的な対策は、家の隙間をきちんと塞ぐことです。
これには、ドアや窓にしっかりとした網戸を取り付け、使用しないときは閉めるという習慣をつけることが大切です。
また、虫が嫌がる天然の素材を利用した対策も有効です。
例えば、シナモンやユーカリ、熱帯の植物・ネムノキなどの精油を利用したり、蚊取り線香やアロマキャンドルを焚いたりすることが効果的とされています。
さらに、ログハウスの周囲に虫除け効果のある植物を植えるのも良いでしょう。
ただし、いくら内部の虫対策を施しても、ログハウスの外周のメンテナンスが行き届いていないと、虫の侵入を完全に防ぐことは難しいです。
したがって、ログハウスの美観を保ちつつ、外壁の漆喰のひび割れや木材部分の痛みにも常に注意し、必要に応じた手入れを欠かさないことが重要です。
このようにして、ログハウスでの生活を快適に維持していきましょう。

ログハウスの耐火性についての解説と安全に暮らすためのお役立ち情報

ログハウスは、天然木の温もりや独特の風合いが魅力的で、自然に囲まれた生活を求める方に人気の住居スタイルです。
しかし、木造という性質上、耐火性が心配されることもあります。
そのため安全性を高め、より快適にログハウスでの暮らしを楽しむために重要な知識をご紹介します。
木材は燃えやすい素材とされがちですが、ログハウスはその厚さによって一定の耐火性を有しています。
厚い木材は外部からの熱を伝えにくく、内部まで火が通るには時間がかかります。
実際にログハウスの場合、火災が発生しても壁が炭化層を形成し内部への燃焼を遅らせることが知られています。
安全に暮らすためには、ログハウスを建てる際や選ぶ際に、次のような点を考慮することが大切です。
まず、火災警報器の設置は必須であり、可能な限り複数の場所に設けて早期発見に努めましょう。
火の使用には特に注意が必要で、暖炉やストーブの使用には、しっかりとした安全対策と定期的なメンテナンスが欠かせません。
また、防火処理を施した木材を使用することで耐火性を一層高めることができます。
建材選びにおいて、防火性能を確認することも重要です。
さらに、周囲の植生管理に気を配り、火が燃え移りにくい環境を整えることも大切です。
ログハウスでの生活は自然との一体感があり魅力的ですが、それを持続可能なものにするためには安全対策をしっかりと行い、安心して暮らすための準備を怠らないことが重要です。
積極的な情報収集と対策を行い、木のぬくもりに囲まれた安全なログハウス生活を実現させましょう。

ログハウスに関するお役立ち情報

ログハウス

新着情報

◎2024/5/17

情報を更新しました。
>ログハウスの魅力と実用性を高める耐久年数の秘訣
>ログハウスで叶えるリラックスタイムの秘訣
>夏は涼しく冬は暖かいログハウスは住みやすさ抜群
>ログハウスでの快適な暮らしを守る虫対策のお役立ち情報
>ログハウスの耐火性についての解説と安全に暮らすためのお役立ち情報

◎2023/7/27

情報を更新しました。
>海外製のログハウスを購入するメリットについて
>ログハウスを分譲売りで購入する注意点について
>ログハウスのプラモデルを作るメリットについて
>ログハウスを建てようとしている方が気になる維持費の実例
>ログハウスの自分でできるメンテナンス方法

◎2022/9/22

情報を更新しました。
>木でつくられたログハウスは断熱性が高い家なのか?
>ログハウスで得られるリラックス効果について
>憧れのログハウスを建てた後には欠かせないメンテナンス作業があります
>ログハウスの耐震性はどれくらいあるのか?
>ログハウスの部屋をお洒落にするポイントとは

◎2021/11/25

情報を追加しました

> 時代とともに多様化していくログハウスのスタイル
> ハンドカットログハウスは職人が手作業で加工した丸太を使用
> 日々進化するマシンカットログハウスの技術
> 自然素材をふんだんに使ったログハウスの魅力
> ログハウスの耐久性を高めるために木材を選ぶ

◎2021/7/20

ログハウスキットの価格目安のページを追加しました

◎2021/5/17

ログハウスキットの価格のページを追加しました

◎2021/4/28

サイト公開しました

1人ベルは自作もできるよー。あとFCハウスにいる素材屋さんも友好部族クエストで買えるようになったりするので、マケボないけど自室クラフトは落ち着くw

ポエトリーリーディング【poetry reading】〔文/音〕主に詩人が自作の詩を読み上げる行為。特に20世紀後半からは、ライブハウスなどの会場で詩を朗読するパフォーマンスを意味する場合が多い。ラップミュージックにのせて詩を読むという形態もある。

返信先:自作ハウス、凄すぎます...👏 新しい浮き輪紹介と、ルーレットやダーツ系で夏の食べ物大食い対決して欲しいです👀✨

-->